SURトップ > 2016年度 夏期講座案内 INDEX 高3 高2 高1 中3 中2 中1 申込方法・受講料 時間割
夏期中3
中 3 数 学




クラス この1年の進度 SURの中3数学コースは,左のように2通りの進度に分かれています。 講座選択についてご不明な点がありましたら,ご遠慮なくお問い合わせください。
高2数学
C / A高1数学
■三角関数G
(Gクラス指定講座)
(180分×4回)
クラスレベル選抜
★★★★

三角比が既習の人を対象に,三角比の復習から始めて応用・発展さらに三角関数を学ぶ講座です。

まずは,三角比として sin (サイン), cos (コサイン), tan (タンジェント) の定義を復習し,三角関数へと拡張します。 そして,加法定理,合成,2倍角・3倍角の公式,和積公式といった三角関数ならではの不思議な性質を調べます。

ただ,この分野は公式が多いのが困りもので,昔から高校生の悩みの種でした。 楽な考え方・覚え方を伝授しますので,この機会にマスターしましょう。

■三角比と図形
(CAクラス指定講座)
(180分×4回)
クラスレベル選抜
★★★☆
★★★

cos, sin は周期性を表す基本の関数として, 自然現象を理解するのになくてはならない道具です。 さまざまな幾何問題への応用を通じて, 三角比に慣れ親しんでもらうのが本講座の目的です。

まず,円関数として cos, sinを定義し,各々の性質関係を調べていきます。 さ らに,「正弦定理」「余弦定理」へと進み, これらを利用して幾何問題を解い ていきます。 初等幾何では扱いにくい問題が,cos と sin で鮮やかに解決されていく様子をじっくり味わって下さい。

■数学オリンピックに
 参加してみませんか
 講座
(中1〜高2オプション)
(180分×2回)
クラスレベル選抜
-★★★

「数学オリンピックって興味があるけど,よく知らない」という人,この機会にぜひ参加してみませんか? 普通の高1範囲の数学を習っている人であれば,ほとんどの問題は理解できますし,前提知識もあまり必要でないので楽しんでいただけるでしょう。 また,意欲ある中1・中2生の参加も大歓迎! ちょっと未習の記号や概念が出てくるかもしれませんが,多くの部分は理解可能です。 背伸びして勉強するのもよい刺激になります。

本講座では,整数問題や組合せを始めとして,数学オリンピックではよく出題されるが学校ではあまり練習しないタイプの知識を習得し,その問題に慣れることを目的とします。 なお,問題は昨年の講座と半分程度重複します。

なお,数学オリンピックに関する詳細は 「数学オリンピック財団のホームページ」 をご覧ください。

■数学オリンピック
 演習
(中2〜高2オプション)
(180分×2回)
クラスレベル選抜
-★★★★

本講座では,JMO予選の合否の分かれ目となる「標準〜やや難」の問題を集中的に演習し,「合格まであと1問」の壁を突破することを目的とします。 JJMOを受験する方にとっては,「余裕をもって予選合格」が目標です。

上記の「数学オリンピックに参加してみませんか講座」は受講していなくてもかまいませんが,整数・組合せに関する基本的な知識は前提として授業を行ないます。 扱う問題は,昨年の「数学オリンピック演習」とは重複しませんので,昨年に受講した方も受講していただけます。

なお,数学オリンピックに関する詳細は 「数学オリンピック財団のホームページ」 をご覧ください。

中 3 英 語
■中級英語
(GCAクラス指定講座)
(180分×4回)
クラスレベル選抜
★★★★
★★★☆
★★★

標準的な高校文法を1年間でまとめると共に英作・読解・リスニング・ 会話をトータルに学ぶクラスです。この夏は4日間に渡って授業を行ないます。

まず文法は,動名詞・不定詞に関して, その用法を理解して実際に使えるようになるまでの演習を行ないます。

また,リスニングでは最新のニュースを聞き取る訓練を行なうと共に,ネイティブ講師による発話練習を行います。 さらに,毎回30分の多読の時間を設けています。 この時間では各自の英語レベルに合った本を1冊読み,40語程度の英語でその要約と感想を書きます。 書かれた英文は,ネイティブ講師が添削して返却します。

■英語リスニング
 基礎講座
(GCA指定講座)
(120分×4回)
クラスレベル選抜
-★★★

簡単な英文なのに聴き取れない・・・。 そんなはがゆい思いをしている人のための講座です。 たとえば,次のカタカナ部分は何と言っているのでしょう?

「ギッヴェム a hard time.」

「ズィット fun?」

一つ目は them の th 部分の音の脱落,二つ目は fun の強勢によりその前の語が弱くなるところがポイントです。 答えは Give them と Is it 。

本講座では,このような語と語の連声による「音の脱落」や, 一部を強く読む「強勢」により聞き取りにくくなるパターンをまとめ,集中的に練習します。 今後のリスニング学習の大きな力となるでしょう。

中 3 現 代 文
■現代文入門
(中3〜高1オプション)
(120分×4回)
クラスレベル選抜
★★★

大学入試の現代文には,極めて論理的な解法があります。 本講座では,大学入試で必ず出題される「評論文」の解説を通して, 「数学のように現代文を論理的に解く」方法を伝授します。

具体的には,4日間でマスターすべき点は次の3点です。

  • 導入部分の読み方(=線の引き方)
  • 導入後の読み方(=線の引き方)
  • 意味段落の分け方

これらをマスターすることによって,問題文の「言いたいこと」が確実に理解でき, 自信を持って設問が解けるようになります。 現代文が苦手という人には特におすすめです。

SUR
最終更新:2016年5月28日