SURトップ > 2016年度 冬期講座案内 INDEX 高3 高2 高1 中3 中2 中1 申込方法・受講料 時間割
冬期中2
中 2 数 学 180分×4回




クラス この1年の進度 SURの中2数学コースは,左のように2通りの進度に分かれています。 講座選択についてご不明な点がありましたら,ご遠慮なくお問い合わせください。
高1数学
中3数学
■不等式の証明G
(Gクラス指定講座)
クラスレベル選抜
★★★★

数I・数Aをひととおり終えた方を対象に,「不等式の証明問題」を題材として数式処理のレベルアップを目指します。等式の場合は,何となく変形しても解決してしまう場合が多いのですが, 不等式ではそうはいきません。明確な目標を定めると同時に,「適切な式変形を選ぶ」「他の不等式を利用する」「問題を一般化する」といった積極的な働きかけをしないと思い通りの結果は得ら れないのです。そのための手法・技法を身につけるための講座です。授業では,2次式,多変数の 扱い方,絶対不等式(相加・相乗平均,コーシー・シュワルツ),最大・最小問題への応用をテーマ に演習中心に進めていきます。多項式,三角関数,数列といった各分野にまつわる不等式を用意し て,総合的なレベルアップを図ります。

(問題例)

  • すべての正の実数 x,y に対し次の不等式が成り立つことを証明せよ。
  • 次の不等式を証明せよ。
    1
    2
    ×
    3
    4
    ×
    5
    6
    ×・・・×
    99
    100
    1
    10
■座標幾何C
(Cクラス指定講座)
クラスレベル選抜
★★★

純粋な幾何的手法では難問でも,座標平面にのせることで,簡単な計算であっさりと解決する問題が多くあります。本講座では,幾何問題に対する別方向からのアプローチである,座標幾何を学びます。

この学習は,幾何の便利な解法を学ぶだけではありません。中学数学では代数と幾何は別々のものとして学習しますが, この座標幾何により実は代数と幾何は表裏一体のものであることがわかるわけです。 幾何を数式で処理するだけではなく,数式を幾何で処理することもできるようになります。 「数式の計算」は決して機械的な無味乾燥なものではなく, そこには図形の特徴を表す豊富な情報が含まれていることを深く実感していただけるでしょう。 それらを理解し使いこなしていくことにより,数学の世界がイメージ豊かに大きく広がっていくわけです。

(問題例)

円の内部の1点Pを通る直線が円と交わる点をA,Bとし, A,Bでの接線の交点をQとする。Pを通る直線は無数にあるので,それに対応してQはある図形を描くが,それがどんな図形かを予想し証明せよ。

中 2 英 語 180分×4回
■初級英語G
(Gクラス指定講座)
■初級英語C
(Cクラス指定講座)
■初級英語A
(Aクラス指定講座)
クラスレベル選抜
★★★★
★★★
★★☆

基本的な中学・高校文法を1年間でまとめるコースです。 この冬は,4日間に渡って,文法に重点を置きながら,英作文,英文解釈, リスニング,会話をトータルに指導します。

まず文法では名詞節・形容詞節・副詞節を学びます。 またリスニング・英作文の演習,およびネイティブ講師との会話演習を通じて, 理解した文法を実際に自分で使えるようにするための訓練を行ないます。

さらに,読書の時間も設けてあり,洋書に親しみます。 なお,クラスのレベルはG>C>Aです。


SUR
最終更新:2016年6月5日